10月1日のwedding - セントラーレ・ホテル京丹後

セントラーレ・ホテル京丹後
ウェディングブログ

2012.10.2

セントラーレ・ホテル京丹後 > ウェディングブログ > 10月1日のwedding

10月1日のwedding

10月最初の婚礼は初日の1日!そして月曜日・・・
なぜこの日になったかと申しますと
この10月1日が大安&新婦様のbirthdayだったから☆

申し込みにこられてから「誕生日だしサプライズよろしく!」とおっしゃられていた新婦(^-^)
さてさてどんなサプライズがまっているのでしょうか?

初めは結婚の記念にお写真だけを残す予定だった二人
ですのでお写真にはこだわりを!というわけでチャペル内にはたくさんのお花で装飾され
いつものチャペルとは違う雰囲気に・・・
DSC04359.JPG
正面には生花でつくったリースが飾られ
バージンロード沿いにはお二人の幼いころから今までのお写真が並びました
DSC04666.JPGDSC04676.JPG

まずは新郎の入場
入場したここで感謝の気持ちを伝えたい方がいらっしゃいました
自分の声で伝えたいとかねてからおっしゃられていた通り
今までの感謝とこれからもよろしくお願いしますとおっしゃったあと
「僕と一緒にバージンロードを歩いてください」と最後に伝えた相手はもちろんお母様
DSC04449.JPGDSC04458.JPG
そして新婦さんを迎える前に新郎にはある儀式の準備をしていただきます
列席者からお花を集めて新婦へのサプライズ準備です
DSC04445.JPGDSC04470.JPG

新婦の入場
お母様にベールダウンのセレモニーをしていただいた後
大好きなお父様とお母様のエスコートでバージンロードを歩きます
DSC04474.JPGDSC04482.JPG
DSC04490.JPG
幼いころの写真の囲まれながら一歩一歩新郎の元へ
両親から新郎へ新婦が渡されます

ここでブーケブートニアのセレモニーです
さきほど新郎が集めていたお花です

新婦はブーケブートニアの儀式がおこなわれることは知っていました
でも打ち合わせでは通常行われている1輪のお花を束ねただけの
即席ブーケでプロポーズを受ける予定でした
しかし目の前にいる新郎が作っているのは
本物のプリザーブドブーケ(+o+)
しかもさきほど列席者の方から受け取っていたお花も新郎がワイヤーを付け作ったもの
それを1つ1つ挿していきブーケを作っていきます
DSC04500.JPGDSC04506.JPG

↓新郎がブーケになるお花を作り 上手に挿せるように特訓しているところ
DSC_0073 (2).jpgDSC_0075.jpgDSC_0077.jpgDSC_0078.jpg

完成したブーケを持って新婦へプロポーズ
DSC04512.JPGDSC04520.JPG
DSC04517.JPGDSC04524.JPG
「サプライズはないよ」と聞いていた新婦
「そんなことなら誕生日に結婚式しなければよかった」なて会話もあったそう
もうすでに涙腺崩壊の新婦ですがまだまだサプライズは続きます(^-^)

指輪の交換&ベールアップキス
新郎新婦がリングガールに指名したのは新婦の妹様
DSC04534.JPG
DSC04552.JPG
DSC04572.JPG
続いて手合わせの儀
DSC04584.JPG
DSC04588.JPG
目を閉じ運命的なお二人の出逢いを綴ったストーリーを静かに聞きながら
誓いの言葉と共に一生に寄り添って生きていくことを誓いあった二人
そして手合わせの儀の終わりと共に「そのまま目を閉じたまま聞いてね」で
始まる新郎から新婦への手紙の朗読が始まります

目を閉じじっと新郎からの手紙に耳を傾ける新婦の横には
そっと用意されたバースデーケーキと21本のろうそく

DSC04612.JPG
「目を開けて下さい」の言葉で締めくくられた手紙
目を開けた新婦 ケーキが見えた瞬間
新郎からの手紙を聞きながら堪えていた涙がどっとあふれ出し止まらなくなりました

DSC04621.JPG
DSC04625.JPG

署名
ウェディングドレスとタキシード姿の新郎新婦の写真に署名
DSC04646.JPG
DSC04656.JPG

最後は新婦からご両親へのサプライズ
感謝のお手紙です
挙式の前日まで新婦は手紙は読まないと言っていました
でもすごく迷っておられました
「読んだほうがいいよ」と背中を押すこともできたのですが
「そりや読むに越したことはないけど それは自分で決めることだよ」とあえて言いました
きっと当日「読む」って言ってくると思っていたから
案の定新婦は当日「やっぱり手紙書いたので読みたい まだ進行の変更はできますか?」と言って来られました
もちろんです!きっとそうなると思っていましたよ(^-^)
手紙を読みながら新婦は涙を流す両親をみて何を思ったんでしょうか

DSC04675.JPGDSC04711.JPGDSC04680.JPGDSC04718.JPG

記念品の贈呈
DSC04722.JPG

フラワーシャワー
DSC04745.JPG
鍵&鐘のセレモニー
DSC04751.JPGDSC04753.JPG

新郎新婦のお二人初めて来館された時から
この風のチャペルではどんな結婚式ができるのか
どんな演出があるのか
今までどんな挙式をしてきたのか
自分たちは挙式で何がしたいかを考えて来られ
このブログもずっとさかのぼって読んで下さっていましたし
今までの挙式の演出ダイジェストを作成し見てもらったりしていました
そのなかから自分たちのしたい演出を組み立てていったわけですが

結局挙式が終わってみれば
二人が選んだ演出は枠組みでしかないんだなと感じました
その1つ1つの儀式に思いを込めていかないと演出ではなく枠組みでしかないということ

きっと新郎は新婦がお誕生日だからたくさんのサプライズを用意したわけではないのです
新郎とお話しているなかで「○○みたいな感じがいいって言ってました」「こんなことしてみたいて言ってました」
よく新婦さんの事を見ているし聞いている
新婦喜ばせたい一心なのがすごく伝わってしました
本当は挙式直前まで手紙&ケーキだけのサプライズの予定でした
でも新郎は”もっと彼女を喜ばせたい 何かしたい”と4日前に再び相談に来られたのです
あと4日で何ができるのか
忙しい合間を縫って花屋さんで練習し 緊張の中本番を迎えプロポーズと共に贈ったブーケは
何物にも代えがたい新郎の気持ちが作ったブーケです

この思いがなければいくら同じ演出をしても風のチャペルでの結婚式は場面を提供するだけだったはず

結局最初の頃に新郎新婦が挙式で描いた何が出来る結婚式か!なんの演出ができる結婚式か!ではなく
“誰が誰にどんなことをこの挙式で伝えたいのか”という思いに尽きるんだと思います
おんなじ誓いの言葉でも手合わせの儀でも指輪の交換でも
込める思いやメッセージが違えば全部違う演出になるんです

列席者涙する式は今までからありました
列席者と新郎新婦が号泣する挙式は初めてでした(゜゜)~

DSC04766.JPG

ウェディングスタッフの紹介

お客様との「絆」を大切に、カップルそれぞれ夢のウェディングを実現するお手伝いをいたします。
お客様、特に新婦様が一番輝く日をお手伝いさせていただけることが私たちの活力です!

ウェディングスタッフブログ

セントラーレウェディングスタッフによる、
ウェディングのレポートやイベント情報のブログです。

3/12 HAPPY WEDDING・・・涙と驚きで溢れた結婚式 2...
ようやくこの第2弾になりましたm(__)m 時間が空きすぎて第1弾ももう忘れたよ<(`^´)> ってゆう声が聞こえてきそうなくら...
8月度ブライダルフェア...
早く更新しないとと思いつつ日は流れ・・・ もう次のフェアの告知となりました(~_~;) とゆうことで今月もやりますよ!ブライダルフェア!! ...
今週ブライダルフェア開催!!...
連日暑い日が続きますが皆さま夏バテなどしていませんか? そんな暑さにも負けずセントラーレブライダルチームは 日々皆さんに喜んで頂ける結婚式を...
今週ブライダルフェア開催!!...
連日暑い日が続きますが皆さま夏バテなどしていませんか? そんな暑さにも負けずセントラーレブライダルチームは 日々皆さんに喜んで頂ける結婚式を...
ウェディングブログをすべて見る

宿泊予約

PAGE
TOP